ハイキャリア企業の転職成功体験談を読む

【元コンサル監修】PwCアドバイザリーは働きやすいと評判?会社成長性も解説!

PwCアドバイザリーは働きやすいという評判がありますが本当でしょうか。本記事ではPwCアドバイザリーの働きやすさや採用方針についての評判・口コミについて紹介します。また社長のメッセージからこれからの経営方針や成長性、課題なども考察しますのでぜひご覧ください。

目次

PwCアドバイザリーは働きやすい環境があるという評判は本当?

PwCアドバイザリーは働きやすい環境があるという評判がありますが、口コミを見てもどうやら真実のようです。
PwCアドバイザリーはコンサルティングファームなので、「コンサルティングファームの中では」という注釈付きではありますが、働きやすいという口コミが少なくありません。

PwCアドバイザリーでは、働き方改革以降残業時間を厳しく管理しているため、若手スタッフの残業は少なめに抑えられています。その代わりとして、マネージャー以上のコンサルタントの方々の稼働が多くなっているところもあり、その点は課題のようです。

しかし、無駄に残業のために残るということもなく、成果物を納期までに提出すれば良いという環境ですので、働きやすいはずです。

PwCアドバイザリーには、リモートワークや裁量労働制、時短勤務制度など、コンサルタントが働きやすくなる制度もバッチリそろっています。

コンサルティングファーム・FASへの転職で内定率を上げる方法をお探しの方はインテリゴリラへ

Check
コンサルでの内定率を劇的に変える方法とは?
  • MBB出身者からのケース面接対策を無料で提供しているエージェントが存在する
  • ケース面接対策、モデリングテスト対策、複数回の模擬面接対策を行ってくれる優良エージェントをご案内
  • 志望ファームの内定実績が豊富なエージェントをご案内
  • オファー交渉可能(数百万円のサインボーナスが発生した実例多数


コンサルティングファームへの転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームに転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、コンサルティングファームへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

Check
転職活動をする上で多くの人が悩んでいること
  • 未経験でもコンサルティングファームを目指せるのか分からない
  • コンサルティングファームのケース面接はどのように対策すればよいのか?
  • とにかく内定を獲得する方法を知りたい!!

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にコンサルティングファームの選考では、対策必須ともいえるケース面接の出題頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。


PwCアドバイザリーの企業情報

PwCアドバイザリー合同会社は世界4大会計事務所の一角であるPwCグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つです。現在の社長は女性の方なので、女性の方でも出世できるチャンスがあるFASファームと言えるでしょう。女性社員の方も積極的に採用されています。

PwCアドバイザリーはブランド力のあるPwCグループということもあり、クライアント企業には世界的にビジネスを展開しているグローバル企業が多いです。そのため、PwCアドバイザリーの社員の方であれば、若いうちから大手企業が抱える課題解決に挑めるので、成長しやすい環境があります。

PwCアドバイザリーのFASファームとしての特徴は、競合と比べても事業再生チームの評判が高く、案件受注に強いことです。企業の人手不足やグローバル化などはこれからも続いていくことが予測されるため、成長性も非常に高い分野です。そのため、事業再生チームの転職人気も当然高いです。

PwCアドバイザリーの企業概要

PwCアドバイザリーの企業概要について解説します。
PwCアドバイザリー合同会社は、世界4大会計事務所(BIG4)の一つであるPwCグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つです。東京と大阪の2つの大都市にオフィスを構え、それぞれのオフィスでチームを組成しています。

PwCアドバイザリーはFAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービス)ファームとして、クライアント企業に対して会計面の知識やノウハウを活かしたコンサルティングサービスを提供しています。主な事業分野としては、「事業再生」、「M&A」、「インフラファイナンス」の3分野があります。

日本におけるPwCグループには、PwCあらた有限責任監査法人、PwCコンサルティング合同会社などのファームもあり、それらのファームと協働して仕事をすることもあります。また、グローバルのネットワークを利用できるため、クロスボーダー案件についても強みを持っています。

PwCアドバイザリーの提供しているサービス

PwCアドバイザリーの提供しているサービスについて解説します。PwCアドバイザリーのメインビジネス領域は大きく分けて5つあります。「企業価値向上のための経営戦略」、「M&A」、「事業再生」、「インフラファイナンス」、「フォレンジック」の5つのビジネス領域です。

PwCアドバイザリーが得意としている分野は特に事業再生分野であると上述しました。PwCアドバイザリーの事業再生プロジェクトには、PwCが有するグローバルネットワークを活かして、海外事業を立て直すようなプロジェクトが多いです。

また、PwCアドバイザリーがもう一つ得意としているM&A領域においても、世界155ヵ国にPwCが保有するグローバルネットワークを活かして、クロスボーダーのM&A案件を受注しています。このように、PwCはグローバルという軸と専門性の両軸を活かし、市場で独自のポジションを獲得しています。

PwCアドバイザリーのサービス事例

PwCアドバイザリーが強みを持っている事業再生分野でのサービス事例を紹介します。年間で数千億円の売上高を誇り、高度な技術力とブランド力を兼ね備えている日系部品メーカーを支援したプロジェクト事例です。

クライアントの部品メーカーにはプロジェクト数年前に起こった経営問題から、将来的に売上高の大幅な減少が予測されていると言う経営課題がありました。課題をそのままにしておくと成長性もどんどん削がれていくため、早急に施策を打たなければなりませんでした。

そこでPwCアドバイザリーが参画し、グローバルな事業再生計画立案を担当しました。その経営課題に対し、財務面から融資のための支援を行い、クライアントは経営体制の刷新につなげました。

現在は経営体制の変革という課題解決ソリューションによって、将来の成長性も戻ってきています。

PwCアドバイザリーの将来性

PwCアドバイザリーの将来性はどうなのでしょうか。
PwCアドバイザリーは世界的に評判の高いPwCグループのメンバーファームなので、これからも堅調に成長を続けていくと思われます。大企業からの引き合いが劇的に減少することは想像できません。

しかし、これからの社長の経営方針や、マーケット全体の動き次第では、成長性に陰りが見えてくることもあり得ます。いくらPwCグループのバックがあるとはいえ、競合の成長によってマーケットでのポジショニングや権威が危うくなるという事態も想定できます。

本章では、PwCアドバイザリーの成長性や社長の経営方針、現在の経営課題やリスクといった様々な観点から、PwCアドバイザリーの成長性について考察します。PwCアドバイザリーへの転職を検討されている方は面接対策のためにもぜひご覧ください。

PwCアドバイザリーの社長

PwCアドバイザリーの2021年1月現在の社長(代表執行役)は女性の吉田あかね氏です。社長が女性ということもあり、女性社員の働きやすさには力を入れているのではないでしょうか。本節では吉田社長が代表メッセージにて強調していることについて紹介し、今後の成長性を考察します。

吉田社長はPwCアドバイザリーの主要な3つの事業領域を「M&A」、「事業再生」、「インフラ」とみなしているため、今後もこれら3つのビジネスサービスの成長性を見込んでいるのではないかと推察されます。転職希望者の方も、出世されたい場合は上記3領域の職種を狙うと良いでしょう。

また、吉田社長はメッセージの中で「社会における信頼を構築し、重要な課題を解決する」というPwCグループの目的を強調しています。さらに社長は、PwCアドバイザリーがこれからもPwCグループのネットワークを利用してクライアントの課題解決に貢献していきたい旨も述べています。

PwCアドバイザリーの経営方針

PwCアドバイザリーの経営方針は社長のメッセージにもあった通り、「M&A」、「事業再生」、「インフラ」の3領域でこれからも手堅くビジネスを拡大していく、というものでしょう。これらの領域はPwCの看板があれば今後もマクロ経済の成長とともに成長していける領域です。

また、社員の方の口コミによると、現在はまだクロスボーダー案件については件数が少ないようなので、これからますますクロスボーダー案件を増やしていくことで成長性を維持できるでしょう。PwCのケイパビリティを考えれば、まだまだグローバル案件で成長できそうです。

また、これからの潮流として、PwC社内のデータを活用したデータアナリティクス領域での成長性にも期待できそうです。PwCアドバイザリー単体ではなく、PwCコンサルティングなどのPwCグループ会社と協力しながらDX領域でもクライアントの課題解決の引き合いがあるでしょう。

PwCアドバイザリーの課題やリスク

PwCアドバイザリーが抱える課題やリスクとしては、PwCアドバイザリーが得意としている事業領域が全てマクロ経済の成長性と比例して成長していく分野であるということです。経済全体の成長性が怪しくなれば、当然PwCアドバイザリーの成長性もそうなります。

しかし、PwCアドバイザリーほどのブランド力と規模感があれば、一時的に業績が落ち込んだとしてもすぐに盛り返すことができるでしょう。したがって、課題やリスクとしてはそこまで重大なものではありません。

しかし市場全体でM&Aや事業再生などのプレイヤーが増えていくと、PwCアドバイザリーの受注件数もそれに伴い減っていくかもしれません。

ファーム内の専門性や人材の質を高めていくことや、営業力を高めることが強いていえば課題なのではないでしょうか。

PwCアドバイザリーの採用は?

PwCアドバイザリーはどのような人材を採用するのでしょうか。本章ではPwCアドバイザリーの採用面にフォーカスを当てて解説します。

PwCアドバイザリーは「M&A」、「経営戦略」、「事業再生」、「インフラファイナンス」、「フォレンジック」の分野で人材を採用しています。それぞれ専門性は違いますが、PwCアドバイザリー全体として採用したい人物像がどのような人物なのかについて本章で解説します。

PwCアドバイザリーの採用方針

PwCアドバイザリーの採用方針としては、特に中途の方に限っては専門性を持っている方を採用しています。上記で解説した「M&A」、「事業再生」、「インフラファイナンス」、「経営戦略」、「フォレンジック」のいずれかの領域での専門性がある人材でなければ採用されるのは難しいでしょう。

また、PwCアドバイザリーの経営方針としては、グローバルな案件をこれからも受注していきたいでしょうから、グローバル案件に対応できるだけの英語力がある人材の方が採用されやすいでしょう。実際に、福利厚生制度としても英語力習得を援助する制度があります。

PwCアドバイザリーの社内にはまだまだ女性社員が少ないという事情があるため、女性の方はしっかりと専門性などがマッチすれば比較的採用されやすいでしょう。女性の方でPwCアドバイザリーへの転職希望の方はぜひ積極的に採用選考に応募してみてください。

PwCアドバイザリーの求める人物像

PwCアドバイザリーはコンサルティングファームなので、コンサルタントとしての基礎能力を持っている人材は採用されやすいでしょう。コンサルタントとしての基礎能力とは、論理的思考力とコミュニケーション能力です。特にこの2つの能力が求められています。

採用面接ではケース面接が行われるケースも多いので、ケース面接の準備をする中で論理的思考力について学びましょう。あらためて「論理的思考力とは何か」ということについて勉強し直すことで、採用面接にも余裕を持って臨めます。

また、PwCグループの目標として社長も強調しているように、「社会全体の課題を解決していきたい」という志がある方が求められています。採用面接の際には、日本全体や社会全体に対する志を自分のキャリアと絡めて語れると良いでしょう。

PwCアドバイザリーの評判・口コミは?

PwCアドバイザリーの評判・口コミにはどのようなものがあるのでしょうか。本章ではPwCアドバイザリーにまつわる評判を様々な面から紹介します。PwCアドバイザリーの待遇についての評判や仕事のやりがい・成長についての評判、社員の雰囲気についての評判の3つの面に迫ります。

待遇についての評判

PwCアドバイザリーの待遇については、外資系戦略コンサルティングファームよりも低いですが、外資系総合コンサルティングファームや会計事務所などと比べると高い、という口コミが多かったです。実際に同じ程度の職位同士ですと総合コンサルよりやや高い水準です。

PwCアドバイザリーの平均年収は989万円ですが、これは競合であるBIG4のFASファームと比べてやや低めの平均年収なので、年収について不満を抱かれている方は少なくないようです。しかし客観的に考えれば、年収はかなり高めの水準です。

基本給+ボーナスで年収は構成されています。入社2年目以降になるとボーナスが支給され、その額はアソシエイトの時から100万円台半ばとなかなかの高水準です。

マネージャーまでは残業代も支給されますので、残業代で稼ぐこともできなくはありません。

仕事のやりがい・成長について

PwCアドバイザリーのやりがいとしてよくある口コミは、「有名な上場企業クライアントのCXOクラスの方と一緒に仕事ができ、その結果として新聞の一面に載るような仕事ができるので、とてもやりがいがある」というものです。

また、業界でも評判の高い事業再生領域では、他のファームが担当できないような難易度の高いプロジェクトが受注できるので、挑戦しがいがあって楽しい、という口コミもありました。難易度の高いプロジェクトに挑んでいきたい方にとっては最適な環境でしょう。

専門性や実力があれば若いうちからどんどん仕事を任せてもらえるので、若手のうちから成長できる、という口コミも多く見受けられました。

若手のうちから責任の大きいプロジェクトに参画してキャリア形成していきたい方にはおすすめの環境があります。

社員の雰囲気についての評判

社員の雰囲気については、個人主義的な傾向が強いようです。専門性が異なるプロフェッショナルが集まっているファームなので、ある程度個人主義的になるのは仕方ないでしょう。実力がないと仕事が回ってこないこともあるという評判があります。

フォレンジックなど一部の部署では外国人社員の方が多いためか、とても風通しの良い環境があるようです。一方で会計系のプロジェクトや会計士の方が多い部署では、ややお堅めの雰囲気になるということです。

人当たりの良いメンバーが多いという評判もあるので、個人主義的ではありつつも、一部の外資系コンサルティングファームのように徹底的にドライな雰囲気ということでもないようです。

ハイキャリア転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、コンサルティングファームへの転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

スクロールできます
会社名転職難易度人気度
ボストンコンサルティンググループ★★★★★★★★★
デロイトトーマツコンサルティング★★★★★★★★
アクセンチュア★★★★★★★★
日本M&Aセンター★★★★★★★
アドバンテッジパートナーズ★★★★★★★★★★
リクルート★★★★★★★
楽天★★★★★★★
Amazon Japan★★★★★★★★★

インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

Check
インテリゴリラで得られる情報
  • 内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
  • 面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例(ケース面接含む)
  • 内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。


PwCアドバイザリーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

PwCアドバイザリーの働きやすさなどの評判・口コミについて紹介しました。

働きやすいと評判のPwCアドバイザリーは転職人気も高いので、FAS転職に強い転職エージェントに登録して、入念に準備してから採用面接に臨んでください。

転職口コミサイトのインテリゴリラでは、実際にPwCアドバイザリーへの転職を成功させた方の口コミが掲載されています。以下のリンクからアクセスしてぜひご覧になってみてください。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

運営会社

会社名インテリゴリラ株式会社
公式ページURLhttps://intelli-gorilla.com/
代表取締役永渕 臣
法人番号3040001116912
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次