ハイキャリア企業の転職成功体験談を読む

ライズ・コンサルティング・グループの転職難易度は?激務の実態や年収も

ライズ・コンサルティング・グループの転職難易度は?激務の実態や年収も

ライズ・コンサルティング・グループの転職難易度は?激務の実態や年収、評判などの情報について紹介しています。まったくの未経験からでもコンサルタントを目指すことができる同社に転職をお考えの方には是非一度読んでいただきたい内容です。

目次

ライズ・コンサルティング・グループの転職難易度は中程度

ライズ・コンサルティング・グループの転職難易度は中程度

ライズ・コンサルティング・グループの転職難易度について紹介します。

同社への転職難易度は中程度であると言えます。それは、次の3つの理由からです。

転職難易度の3つの理由
  • ライズ・コンサルティング・グループが中途採用を積極的に行っている
  • 募集要項で求めるハードルがそれほど高くない
  • 大手コンサルファームに比べて知名度が高くないため、競争率が高くない

1つ目の理由は、現在ライズ・コンサルティング・グループが中途採用を積極的に行っていることです。同社は数年後のIPO(新規株式公開)に向けてコンサルタントの人数を増やすフェーズにあるようです。そのため、現在採用の間口を拡大しています。

2つ目の理由は、募集要項で求めるハードルがそれほど高くないことです。同社の募集資格は法人企業での勤務経験が最低3年以上あることなど、求められる経験やスキル等の条件があまり高くありません。

3つ目の理由は、大手コンサルファームに比べて知名度が高くないため、競争率が高くないことです。大手のコンサルファームや有名コンサルファームと比較すると同社の知名度はまだそこまで高くありません。ですから、転職の難易度はそれほど高くないと言えます。しかし、グローバル系のコンサルファームから転職する人もいるため、総合的な転職難易度としては中程度であると言えます。

以上3つの理由から考えると、ライズ・コンサルティング・グループの転職難易度は中程度であると言えます。

コンサルティングファーム・FASへの転職で内定率を上げる方法をお探しの方はインテリゴリラへ

Check
コンサルでの内定率を劇的に変える方法とは?
  • MBB出身者からのケース面接対策を無料で提供しているエージェントが存在する
  • ケース面接対策、モデリングテスト対策、複数回の模擬面接対策を行ってくれる優良エージェントをご案内
  • 志望ファームの内定実績が豊富なエージェントをご案内
  • オファー交渉可能(数百万円のサインボーナスが発生した実例多数


コンサルティングファームへの転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームに転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、コンサルティングファームへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

Check
転職活動をする上で多くの人が悩んでいること
  • 未経験でもコンサルティングファームを目指せるのか分からない
  • コンサルティングファームのケース面接はどのように対策すればよいのか?
  • とにかく内定を獲得する方法を知りたい!!

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にコンサルティングファームの選考では、対策必須ともいえるケース面接の出題頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。


ライズ・コンサルティング・グループの中途採用情報

ライズ・コンサルティング・グループの中途採用情報

ライズ・コンサルティング・グループの中途採用情報を紹介します。
ここでは、求人例としてビジネスコンサルタントの募集要項について紹介します。

募集要項ビジネスコンサルタント
※企業勤務が3年以上ある方やコンサルタント経験者、
英語力がある方歓迎
仕事内容〈NewTechコンサルティング〉
戦略策定から実行まで一貫したデジタルトランスフォーメーション支援を行う。先端のデジタルテクノロジーを軸に、新たなビジネスや企業を発掘・創造・改変し、クライアント自らが事業価値を最大化し続けていくための様々な企業変革支援を行う。

〈新規事業コンサルティング〉
実現と成功に重きを置いた新規事業の戦略策定、新規事業の成功に向けたM&A、アライアンス等の実行支援(海外進出コンサルティング)
日本企業の海外進出を実現するための海外市場調査や進出計画の策定支援、海外進出を具体的に実現するための現地法人設立や現地企業とのアライアンス、M&A等の実行支援

〈戦略コンサルティング〉
経営戦略・新規事業戦略立案を中心とする戦略の実行を重視した戦略コンサルティングサービスの提供、戦略の策定とそれを実行するためのアライアンス構築支援、プロセス・IT導入の支援

〈ITコンサルティング〉
IT戦略立案、ITガバナンス/IT改革、ITコスト削減等のITコンサルティング、業務改革、業務分析、業務設計等に関するプロセスコンサルティング
給与前職の給与と実力・実績を考慮して決定
勤務時間10:00-19:00
※コンサルタントは専門型裁量労働制有
勤務地〒106-0032 泉ガーデンタワー34階
※ただし、プロジェクトによっては客先企業等に常駐の場合あり
福利厚生・各種社会保健完備
・交通費支給
・確定拠出年金有
休日休暇・土日祝日
・夏季休暇
・年末年始
・年次有給休暇
・特別休暇等

選考プロセス

ライズ・コンサルティング・グループの選考プロセスについて紹介します。

選考プロセスは全部で5つの段階があります。各ステップに合格した場合に次の段階に進むこと
ができます。ステップ1に応募してから5日程度で合否の連絡があります。

選考ステップ
  • 書類審査
    提出する情報に基づいた書類審査
  • 個人面接(1〜2回程度)
    採用担当者による個人面接
    面接地:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー34階
    持参物:写真添付の履歴書、職務経歴書
  • 最終面接
    社長または役員による個人面接
    面接地:東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー34階
  • 内定
    ※5営業日以内に合否の連絡あり
  • 入社
    ※入社日は応相談だが、できる限り早く入社することが望ましい

ライズ・コンサルティング・グループの求める人材

ライズ・コンサルティング・グループの求める人材

ライズ・コンサルティング・グループが求める人材について紹介します。

同社は顧客企業に求められる成果を実現するため、次の3つの資質や能力を持つ人材を求めています。

プロフェッショナリズム
  • ミッション遂行のために、途中で諦めることなく、最後までやり遂げるタフな精神力
  • 常に自分に高い目標を掲げ、努力を惜しまず、結果を出すことに拘る姿勢
  • 成功のために何をすべきかを自身で考え、セルフスターターで行動できる自立性
スピード
  • ミッション遂行のために取捨選択を素早く決められるスピード感ある判断力
  • 躊躇なく周囲を巻き込みながら、周囲のスピードを上昇できる指導力
  • 成功のために何をするべきかを決め、スピードを重視して素早く実行する行動力
チームワーク
  • 周囲を助けながらチームプレイを大切にし、個人よりもチームの成功を重視する姿勢
  • 自分とは違う他者の考え方や経験を、成長のために前向きに受け入れられる柔軟性
  • カルチャーや考えが違う顧客を受け入れ、正しくリードしながら真の成果を提供できる対応力

同社のカルチャーは各社員の意欲を重視しており、やりたいことに手を上げれば一緒に実現していこうという風土があります。

ライズ・コンサルティング・グループは未経験でも転職可能?

ライズ・コンサルティング・グループは未経験でも転職可能?

ライズ・コンサルティング・グループは未経験でも転職可能でしょうか?

結論から言えば、コンサルタント未経験者でも同社への転職は可能です。

同社の応募資格について、コンサルタント経験はどちらかと言えば歓迎条件となっています。必須条件は短大卒や大卒以上の学歴を持ち、企業での勤務経験が決められた年月以上あることとなっております。

参考に次の通り、ライズ・コンサルティング・グループの求人例の応募資格を紹介します。

応募資格(必須条件)
  • 短大卒、大卒以上
  • 3年以上の企業での勤務経験がある方
応募条件(歓迎条件)
  • 人事や採用担当として採用活動の経験のある方
  • 人材紹介エージェントやHRサービスでの中途採用支援の経験
  • 英語力
  • コンサルタント経験(できれば1年以上)
    ※コンサルティング業界未経験者も歓迎します。

ライズ・コンサルティング・グループのキャリアパス

ライズ・コンサルティング・グループのキャリアパス

ライズ・コンサルティング・グループのキャリアパスについて紹介します。
同社は、コンサルタントの成長にあわせて役割と責任を拡大していきます。そうすることで着実に成長していけるようキャリアパスを設定しています。ただし、上位のキャリアステージへの昇進は経歴や経験年数ではなく、個々の実力と実績を重視し、最短一年での昇進を可能にしています。同社のキャリアパスは次の通りです。

キャリアパス
アナリスト

プロジェクトメンバーとして、コンサルタントやシニア・コンサルタントの指示のもと、調査や分析などの課題に取り組みます。

コンサルタント

プロジェクトにおける個別の役割を担います。与えられた役割においてマネージャーやシニア・コンサルタントの指導のもと、顧客と直接コミュニケーションを行い、自分自身がアウトプットを創出する責任を負います。

シニア・コンサルタント

プロジェクトを実行・推進する中核的役割を担います。お客様およびプロジェクトメンバーと協力しながらプロジェクトマネージャーのサポート役とコンサルタント、アナリストの指導役の両方の能力が必要となります。

マネージャー

プロジェクトのマネージャーとして、プロジェクト全体のプラン設計を行い、お客様にとって最適なソリューションを形にします。スタッフを育成する力とお客様の信頼を得る力が必要となります。

シニアマネージャー

プロジェクトの統括責任者としてプロジェクトの全責任を負います。お客様の経営層から深い信頼を得る力が必要です。お客様の課題を的確に把握し、成長のための積極的な提案を行います。

パートナー

プロジェクトの最終責任者としてお客様に対する全責任を負います。また、長期的ビジネス戦略を立案し、お客様の成果を上げる積極的な提案を行います。さらに、同社の経営者として自社の成果を上昇させる役割を担います。

ライズ・コンサルティング・グループは激務なのか?

ライズ・コンサルティング・グループは激務なのか?

ライズ・コンサルティング・グループの業務は激務なのでしょうか?

結論から言えば、激務ではありません。理由は次の3つの点から推察できます。

激務の理由
  • ライズ・コンサルティング・グループの月の平均残業時間が25時間
  • 自分に割り当てられた案件を完了すれば、まとまった休暇を作ることができる
  • 会社の方針としてオフィスにこもり、資料作りに長時間を費やすよりも現場でのアクションを重んじる点

1点目は、ライズ・コンサルティング・グループの月の平均残業時間が25時間である点です。
これは、コンサル業界の平均残業時間から見ると非常に少ないです。アナリストやコンサルタントなどのジュニアクラスであれば、毎日定時退社も可能であるそうです。

2点目は、自分に割り当てられた案件を完了すれば、まとまった休暇を作ることができるという点です。長時間の激務になりがちと言われるコンサル業界では非常にホワイトな環境であると言えるのではないでしょうか。

3点目は、会社の方針としてオフィスにこもり、資料作りに長時間を費やすよりも現場でのアクションを重んじる点です。ですから、他のコンサルファームのように資料作成や情報収集に追われて深夜まで残業するようなこともないようです。

以上から、ライズ・コンサルティング・グループは激務とはほど遠く、コンサル業界の中でも屈指のワークライフバランスの良さを実現できているホワイトな環境のファームであると言えます。

ライズ・コンサルティング・グループの平均年収

ライズ・コンサルティング・グループの平均年収

ライズ・コンサルティング・グループの平均年収について紹介します。

ライズ・コンサルティング・グループの代表取締役CEOである北村俊樹氏のインタビュー記事を読むと分かりますが、同社の平均年収は約1,200万円です。直近の平均昇給率も20%程度であり、非常に高い水準となっています。

ライズ・コンサルティング・グループは2012年に設立されました。同社は創業以来着実に拡大しており、人員は2020年8月時点で100名規模となっており、さらに増員の予定です。クライアントは、金融、製造、ヘルスケア、通信、流通、ITといった様々な業界で日本を代表する企業です。ライズ・コンサルティング・グループは会社として若いだけではなく、そこで働く社員の平均年齢も29歳〜30歳と非常に若いです。

ライズ・コンサルティング・グループの評判

ライズ・コンサルティング・グループの評判

ライズ・コンサルティング・グループの評判について紹介します。

総評として、良い評判には若手でも能力と意欲を示せば非常に広い裁量権を持たせてくれる文化である、という意見や経営層との距離感が近く、風通しが良いなどの意見があります。

一方、悪い評判には上司から手取り足取り教えてもらいたいと思っている人には向かない、という意見やアグレッシブに自己主張をする社員が多く、自己主張が苦手な社員はなかなか活躍の場を見つけるのは難しいなどの意見もあります。

ライズ・コンサルティング・グループの良い評判
  • 良い意味での個人主義が浸透しており、若手でも能力と意欲を示せば非常に広い裁量権を持たせてくれる文化である。
  • ベンチャーならではの勢いやフラットな環境がありつつも、上場を目指しているため緩すぎず諸制度も整っている。
  • 経営層との距離感が近く、風通しが良い。職位に関係なく、比較的自由に自分の意見を主張することができて、内容が妥当であれば認めてもらうことができる。
  • 上層部にも部下に残業をさせないようにする意識が感じられ、残業を強いられることはない。
  • 一時的に多忙になることもあるが、長時間労働や休日出勤を是としない考え方が浸透しており、プライベートとのバランスは調整しやすい。
  • 役員目線で事業やプロジェクトを知る事ができる。なおかつ貢献することを期待させられるため、成長できる。
ライズ・コンサルティング・グループの悪い評判
  • アグレッシブに自己主張をする社員が多く、自己主張が苦手な社員は活躍の場を見つけるのはなかなか難しいように思う。
  • 企業文化として自発的な成長を促す風土が強く、上司から手取り足取り教えてもらいたいと思っている人には向かない。
  • 単一業界ばかりに携わることはないため、専門性は意識して自己研鑽していかなければ身につかない。
  • 法定休日以外で連休を取るのは基本的に難しい。プロジェクトとプロジェクトの合間等となるため、自分の取りたいタイミングで連休を取ることはほぼできないように感じる。

ライズ・コンサルティング・グループの会社特徴

ライズ・コンサルティング・グループの会社特徴

ライズ・コンサルティング・グループの会社の特徴について紹介します。

同社の大きな特徴は次の4つです。

大きな特徴は4つ
  • 完全常駐型
  • スコープ(コンサルティングの範囲)を設定しないコンサルティング
  • 真の成果物を成果として納品
  • 優秀なコンサルタントが経営業務をサポート

完全常駐型
ライズ・コンサルティング・グループのコンサルタントは顧客企業を訪問するのではなく、課題解決を実行する現場に常駐します。 経営課題の解決のためにはクライアントとの距離を限りなくゼロに近づけることにより、日々変化する課題をクライアントと素早く共有して密に議論を重ね、クライアントと共に課題解決を実行していくことが必要です。 クライアントと専門知識を備えたコンサルタントがワンチームを形成し、共に課題解決に取り組むことにより、課題解決のノウハウは、クライアントの知見となり、プロジェクトを終えた後にも活用され続けるため、上昇のスパイラルを実現します。

スコープ(コンサルティングの範囲)を設定しないコンサルティング
ライズ・コンサルティング・グループでは、あえてスコープを設定しないコンサルティング契約を行うことをポリシーとしています。 顧客企業を取り巻く環境は刻々と変化し、経営課題は複雑で常に流動的です。同社は日々変化する課題にフレキシブルに対応し、想定外の問題が発生したとしても逃げることなく、クライアントと共に課題解決に取り組んでいます。また、社内外の関係者を巻き込みながら、上昇するスパイラルを巻き起こします。その結果、課題解決を実現し、クライアントから求められる真の成果を生み出すことが出来るのです。

真の成果物を成果として納品
ライズ・コンサルティング・グループは、顧客企業の課題解決の実行を重視したコンサルティングサービスを提供しています。 他の多くのコンサルティングファームはレポートだけを最終成果物として納品するだけで、クライアントと共に課題解決の実行に取り組むことはありません。 同社のコンサルティングサービスはクライアントと共に密に議論を重ねながら、解決のためのプランを実行に移し、課題解決に取り組みます。そして、課題解決の実行という真の成果を納品します。

優秀なコンサルタントが経営業務をサポート
ライズ・コンサルティング・グループは全員が各分野の専門知識と豊富な経験を持つ優秀なプロ集団です。 クライアント企業の課題解決は同社の優秀なプロフェッショナルが担当します。そのプロフェッショナルとクライアントの二人三脚で、どのような想定外の難題があっても逃げることなく、クライアントと共に課題解決の実行に取り組みます。

コンサルティングファームへ転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、コンサルティングファームへの転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

スクロールできます
会社名転職難易度人気度
マッキンゼー&カンパニー★★★★★★★★★
ボストンコンサルティンググループ★★★★★★★★
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン★★★★★★★
アクセンチュア★★★★★★★
日本IBM★★★★★★
アビームコンサルティング★★★★★★

インテリゴリラでは、上記のようなコンサルティングファームの選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

Check
インテリゴリラで得られる情報
  • 内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
  • 面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例(ケース面接含む)
  • 内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。


ライズ・コンサルティング・グループへ転職を検討しているなら今がねらい目

ライズ・コンサルティング・グループへ転職を検討しているなら今がねらい目

以上、ライズ・コンサルティング・グループの転職情報について紹介しました。

ライズ・コンサルティング・グループは、完全常駐型でスコープを設定しないコンサルティング契約を行うことをポリシーとし、優秀な経営コンサルタントが経営実務を支援し、真の成果物を成果として納品することを特徴としています。同社の創業は2012年と会社として若いですが、創業以来着実に拡大しています。クライアントは、金融、製造、ヘルスケア、通信、流通、ITといった様々な業界で日本を代表する企業も多いです。平均年齢も29歳〜30歳と若い同社は、良い意味での個人主義が浸透しています。ですので、上位のキャリアステージへの昇進は経歴や経験年数ではなく、個々の実力と実績を重視し最短一年での昇進を可能にするキャリアパスが整備されています。そして、同社はコンサル業界の中でも屈指のワークライフバランスの良さを実現できているホワイトな環境のファームです。

ライズ・コンサルティング・グループは現在も成長のフェーズにあります。同社への転職を検討しているなら数年後のIPOに向けてコンサルタントの中途採用を積極的に行っている今が狙い目です。

ライズ・コンサルティング・グループへの転職を成功させるためには、同社が求めている人物像を正しく理解し、選考書類でどのようにアピールし、面接の質問内容等のポイントも事前に掴んでおく必要があります。

インテリゴリラなら転職成功者の選考体験記や面接試験の詳細、内定者の特徴などについて余すことなく掲載しています。特に選考体験記は転職成功者の実体験を直接ヒアリングした内容が掲載されているため、難関企業への転職をお考えの方にはとても心強い事前対策となります。

インテリゴリラに登録してライズ・コンサルティング・グループの選考を突破しましょう。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

監修

会社名:インテリゴリラ株式会社
代表取締役:永渕 臣
法人番号:3040001116912

目次