ハイキャリア企業の転職成功体験談を読む

三菱総合研究所は激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

三菱総合研究所は激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

三菱総合研究所への中途採用の為に、年収・激務・残業などの評判・口コミなどを紹介しています。三菱グループの総合シンクタンクであり、政府や官公庁などに強みを持つ三菱総合研究所は激務なのでしょうか。三菱総合研究所へ転職をお考えの方に必見の内容です。

目次

三菱総合研究所の企業情報

三菱総合研究所の企業情報

三菱総合研究所の特徴

三菱総合研究所は、三菱グループの総合シンクタンクであり、政府や官公庁などに強みを持つ企業です。
同社の特徴として下記三点が挙げられます。

三菱総合研究所の特徴
  1. 自主性を尊重した風土があり、働きやすい環境がある
  2. 平均年収は日系コンサルティング企業内でトップクラスを誇る
  3. 支援内容が「実現可能か」を重視する
CHECK

理想的な戦略を描いても、実現できなければ何の価値もありません。
長い時間がかかっても、実現し定着するまで支援を継続します。
このスタイルは、クライアントから同社の特徴として挙げられ、評価されている点です。

三菱総合研究所の事業内容

三菱総合研究所では、シンクタンク部門とコンサルティング部門で各々サービスを提供しています。

シンクタンク部門

様々な社会課題を総合的に捉えて、解決策の提案や合意形成、ビジネスによる解決を目指している部門です。
持続的な地域社会を実現、再生エネルギーの導入による持続的な地域社会の実現に貢献する「地域創生事業」や、ソリューション提供を通じて、持続的な社会システムの実現を行う「次世代インフラ事業」などの事業展開を行っています。
そのほかにも、「ヘルスケア・ウェルネス事業」や「環境・エネルギー事業」、「化学・安全事業」などを展開しており、医療や自然環境、防災などにも注力している部門です。

コンサルティング部門

クライアントの経営改革や組織改革、新事業開発などのイノベーションを支援している部門です。
総合力強化や外部パートナー企業との連携強化に取り組み、幅広い課題解決を行う「アライアンス推進室」や、AIを活用した新サービスの開発に取り組んでいる「AIイノベーション推進室」などの事業展開を行っています。
そのほかにも、「経営イノベーション」や「デジタル・イノベーション」、「社会ICTソリューション」などを展開しており、経営戦略や人材戦略のほかにも、IA・ロボット活用支援や金融システムなどにも、力を入れている部門です。

三菱総合研究所の今後の事業展開

三菱総合研究所では、「豊かで持続可能な社会」の実現に向けて、今後の事業活動を展開していこうという姿が伺えます。
2050年に日本が目指すべき未来は「豊かで持続可能な社会」であり、ここでの「豊か」とは、経済的な豊かさのみならず、人との関わり、働きがい、健康など、総合的な暮らしの満足度を示しています。
実現に必要な三菱総合研究所の取り組みは次の五つです。

三菱総合研究所の取り組み
  1. 日本の良さ・強みを活かした世界への貢献
  2. デジタル×フィジカルで新たな付加価値を創造
  3. 地域マネジメントを強化し、持続可能な地域社会へ
  4. 多様な価値観に基づく「自分らしい」人生を実現
  5. 人生100年時代を支える財政・社会保障制度へ
CHECK

上記の五つを加味した支援をクライアントに提供することで、「豊かで持続可能な社会」の実現を目指すと予想されます。

三菱総合研究所の転職難易度は高い|採用情報や評判も紹介

三菱総合研究所への転職を希望する方の為に、転職難易度、評判・採用情報などを紹介します。シンクタンクであり、政府や官公庁などに強みを持っている三菱総合研究所の平均年収は、日系コンサルティング企業内でトップクラスの三菱総合研究所へ転職をお考えの方は必見です。

コンサルティングファーム・FASへの転職で内定率を上げる方法をお探しの方はインテリゴリラへ

Check
コンサルでの内定率を劇的に変える方法とは?
  • MBB出身者からのケース面接対策を無料で提供しているエージェントが存在する
  • ケース面接対策、モデリングテスト対策、複数回の模擬面接対策を行ってくれる優良エージェントをご案内
  • 志望ファームの内定実績が豊富なエージェントをご案内
  • オファー交渉可能(数百万円のサインボーナスが発生した実例多数


コンサルティングファームへの転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームに転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、コンサルティングファームへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

Check
転職活動をする上で多くの人が悩んでいること
  • 未経験でもコンサルティングファームを目指せるのか分からない
  • コンサルティングファームのケース面接はどのように対策すればよいのか?
  • とにかく内定を獲得する方法を知りたい!!

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にコンサルティングファームの選考では、対策必須ともいえるケース面接の出題頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。


三菱総合研究所は激務なのか?

三菱総合研究所は激務なのか?

激務の噂は本当なのか?

三菱総合研究所も三菱系のシンクタンクと言えど、他のコンサルティングファームと同様に実力主義を採っており、成果を出すべく残業が多くなり、長時間労働の激務になることが多いです。
その理由は、クライアントの要望やプロジェクト状況を踏まえて柔軟な対応が必要になってくるからです。

三菱総合研究所の平均残業時間は44.4時間です。
残業時間の節目である30時間を超えていることから、忙しい労働環境であると言えます。
競合である日本総合研究所では40.7時間、野村総合研究所では47.0時間、みずほ総合研究所では26.5時間という平均残業時間になっています。
競合の残業時間と比較すると、競合のシンクタンク系のコンサルティングファームの平均残業時間はやや横並びであると言えます。

三菱総合研究所の労働時間や激務度の口コミや評判

三菱総合研究所の労働時間や激務度の口コミや評判

三菱総合研究所の労働環境の実態について把握するために、ワークライフバランスについての評判・口コミを紹介します。

休日の取得や連続した有休等の取得も、調整によってしやすい方ではないかと思われます。
また、休日出勤はほぼ無く、土日休みも守られていると思うので、WLBは取りやすいのではないかと思います。
勤務日においては、繁忙期やプロジェクトの状況により、夜間まで残業をすることも生じるし、当日になってそうせざるを得ないような場合もあるので完全定時退社のようなスタイルは難しいです。
なお、育児・介護等で時短や定時厳守勤務でないといけないようなケースは、きちんと制度として対応されています。

会社全体としてワークライフバランスに対する理解はありますので、ある程度自立して仕事ができるようになれば、時間のコントロールが出来ます。
しかし、お客様の期待を超える事が常に求められますので、それには十分な検討時間が必要であり、どうしても仕事時間が長くなり、残業をせざるを得ない傾向があります。
特に若いうちは、スキルも少なく自立して仕事ができないので高残業の人が多いです。
上記の評判・口コミから、ワークライフバランスを充実させるのは難しいですね。
また、コンサルティングファームである為、労働環境はプロジェクト・クライアント次第で様々です。
よって、転職前とプロジェクト参画前には、どのようなプロジェクト・クライアントがあるのかについて調べることが必要です。

三菱総合研究所社員のその他の評判・口コミ

三菱総合研究所社員のその他の評判・口コミ

激務の対価である高給には満足している?

下記に年収の満足度についての評判・口コミを紹介します。

主任の役職になったくらいから給与は大きく上がらなくなる印象です。
30台前半くらいまでは給与水準は高いと感じていましたが、40近くになると必ずしもそうとは思えなくなりました
経営側としても、ライフワークバランス等を押し出すことで給与水準を抑える考え方を取っていたのだろうと思います。

給与は基本的に年功序列の文化が強い為、10年目くらいまでは比較的差がつかないまま年収は増加します。
近年飛び級制度が導入されましたが、大幅な飛び級は見られないなど当制度を活用できる人はあまりいない模様です。

10年目以降くらいに主任に昇格すると成果に応じた給与や昇級が決定します。
ただし、10年目以降の給与水準は同業他社と比較すると見劣りします。

人間関係や社員の雰囲気について

 下記に人間関係や社員の雰囲気についての評判・口コミを紹介します。

自由闊達で個人を尊重する企業風土です。
もちろん、チーム単位、プロジェクト単位で仕事を進めていきますが、個々人のスキルがあってこそです。
そのため、ある程度の裁量を若いうちから与えられながらも、同じプレイヤーとして高度な意見や意思決定を求められる機会があります。
また、外資系コンサルティング会社とは異なり、完全に個人主義ではなく、プロジェクトが終わったらお客様も交えて懇親会をやったり、部署内での宴会も割と頻繁に開催しているため、風通しの良い企業風土であると感じます。

ベースとしては年功序列が根付いています。
組織体制や文化は部署、本部、部門といったレベルで異なります。
その要因は、顧客の文化にあり、非常に無体な要求をする顧客に対応しなければならない組織は、残業や突発業務の発生に関して気に留めない傾向にあります。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

下記に仕事のやりがいや成長環境についての評判・口コミを紹介します。

仕事のやりがい:
若手の頃からお客様と直接のやり取りを任されることが多く、成果の出来不出来を直に感じることができます。
自分の出来不出来が常に可視化されるので、毎日の仕事のやりがいに繋がっています
一方で、指示待ち傾向の強い人はストレスが溜まる職場環境なのではないかと思います。

成長環境:
若いうちは基礎的な作業スキルや対人能力が磨かれるため成長を強く実感できます。
主任の役職期間の後半くらいから、組織内の不毛とも言える仕事が増えるためその実感は薄れてきます。
もっとも、社内政治に長けたいと考える人にとってはそれも成長の糧になるかもしれないです。

仕事のやりがい:
特定領域の専門知識は相当に深まるため、知的好奇心は満たされます
他の専門領域の社員とうまくコラボレーションが出来たときは、面白いアウトプットも出せるうえ、双方の知見も深まるためかなり刺激があります。

成長環境:
プロジェクトを通じても専門性はある程度高められるが、独習も推奨されています。
IT企業に似た制度も導入されていて、一定時間は自由に事業と関係ない活動が許されていたり、スキルアップ休暇制度もあります
ただしあまり評価に反映されないため積極的には活用しない人もいます。

三菱総合研究所の平均年収はいくら?ボーナスや評価制度など徹底解説!

三菱総合研究所への転職で気になる平均年収、ボーナス、労働環境や待遇などの評判・口コミを紹介します。年収が高いと評判のコンサルティング業界で、政府や官公庁のクライアントなどに強みを持つシンクタンクである三菱総合研究所へ転職をお考えの方は必見の内容です。

激務でハイレベルな三菱総合研究所への転職に向いている人物像

激務でハイレベルな三菱総合研究所への転職に向いている人物像

三菱総合研究所に向いている人物像として下記が挙げられます。

CHECK
三菱総合研究所の求める人物像
  • 客観的・俯瞰的な視点で事象を捉えられる
  • クライアントに合わせて柔軟に対応できる
  • 関係者と信頼関係を築くことができる

客観的・俯瞰的な視点で事象を捉えられる

シンクタンクの仕事において重要な要素の一つは、客観的、俯瞰的な視点を持つことです。

クライアントへの提案時には、客観的な鷹の目の立場から提案を行うことで、将来にわたってお客様に役立つ知見を提供することができます。
様々な分野を客観的、俯瞰的に見ることができる能力を得られる事は、この仕事の大きな魅力とも言えます。

クライアントに合わせて柔軟に対応できる

官公庁に対して政策提言や政策提案を行う傍ら、民間企業の顧客に対してもコンサルティングサービスを提供しています。
その際の三菱総合研究所の提案は常にオーダーメイドです。
方法論ありきの型にはまった提案ではなく、お客様に合せて柔軟に対応します。

その時に大切なのは、「実現可能か」ということです。
理想的な戦略を描いても、実現できなければ何の価値もありません。
長い時間がかかっても、実現し定着するまで支援を継続します。
三菱総合研究所は、旧来の「THINK」タンクではなく、「THINK&ACT」タンクを目指しています。
知見を提供するだけでなく、解決策を提供し実行、支援まで行います。

関係者と信頼関係を築くことができる

解決策を提案・実行していくにあたり、顧客と信頼関係を構築することは必要不可欠であり、顧客の立場で考えなければなりません。
顧客の立場に立つためには、顧客のことをよく知る必要があり、そのためには信頼関係を構築することが必要です。
顧客と信頼関係を構築することが顧客の課題解決に近づくことが分かります。

このことから、三菱総合研究所では、関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための糸口を掴むことができるという資質も必要であることがわかります。

ハイキャリア転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、コンサルティングファームへの転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

スクロールできます
会社名転職難易度人気度
ボストンコンサルティンググループ★★★★★★★★★
デロイトトーマツコンサルティング★★★★★★★★
アクセンチュア★★★★★★★★
日本M&Aセンター★★★★★★★
アドバンテッジパートナーズ★★★★★★★★★★
リクルート★★★★★★★
楽天★★★★★★★
Amazon Japan★★★★★★★★★

インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

Check
インテリゴリラで得られる情報
  • 内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
  • 面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例(ケース面接含む)
  • 内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。


三菱総合研究所への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

三菱総合研究所への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

三菱総合研究所への転職のために、年収、激務かどうか、残業、評判・口コミなどについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

三菱グループの総合シンクタンク系のコンサルティングファームである同社は、政府や官公庁系のクライアントに強みを持っています。
社風については、自主性を尊重した風土で働きやすい環境があり、待遇についてもボーナス含め給与水準も日系コンサルティング企業内でトップクラスで高いことも特徴です。
また、政策提言を主に行うシンクタンクの仕事だけではなく、クライアントにとって実行可能かを考えて、実行できるまで支援を継続します。
このコンサルティングサービスのスタイルは、クライアントに高く評価されており、非常にやりがいのある仕事であるといえます。
そんな、同社への切符を掴むには高難易度の選考を突破しなければなりません

そんな高難易度の選考が評判の三菱総合研究所へ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、三菱総合研究所のような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高い面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

運営会社

会社名インテリゴリラ株式会社
公式ページURLhttps://intelli-gorilla.com/
代表取締役永渕 臣
法人番号3040001116912
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次