ハイキャリア企業の転職成功体験談を読む

リクルートの契約社員(CV職)とは?人気の理由や面接のコツを元リクが徹底解説

リクルートの契約社員(CV職)とは?人気の理由や面接のコツを元リクが徹底解説

リクルートグループで働いてみたいという方は是非ご覧ください。リクルートの契約社員(CV職)について、元リクが徹底解説します。実体験に基づいて、企業情報や、契約社員の採用面接で観られているポイントなどを本音で全て暴露します。

目次

リクルートの契約社員(CV職)とは?

リクルートの契約社員(CV職)とは?

リクルートに契約社員が生まれた理由

リクルートグループでは、3年の期間限定の契約社員をCV(Career View:キャリアビュー)職と呼んでいます。
※一部のグループでは、契約社員と名称を変更しています

元々、CV職とは、(現)リクルートライフスタイルが運営する、ホットペッパーの事業部で誕生した雇用制度になります。

「Career View」は文字通り、自分の夢を叶えられる環境や、成長の機会をリクルートが提供するという想いが込められています。

そして、その環境を求めて働いてくれる優秀な人材に、ホットペッパーの事業を推進してもらうという、Win-Winが成り立つ形で、契約社員(CV)職はスタートしました。

また、ホットペッパーは地域に密着した事業のため、地域の優秀な人材を採用するために設計された制度でもあります。

リクルートの契約社員を3年限定にした理由

自分の夢を叶えたいという人材を採用ターゲットとし、自身の成長とキャリアアップにコミット出来る環境を作るため、3年限定の契約社員というポジションを作りました。

3年というゴールが決まっていることで、自分のやるべき事は何なのかを、否が応でも考え続ける環境に身を置く事になります。

それが結果的に、その人自身のパフォーマンスを最大限に引き出したり、モチベーション高く走り続けられるようにというメリットを生み出しています。

リクルートの契約社員が転職市場で人気の理由

正社員でない事に不安がある方もおられるかと思いますが、3年間、契約社員でやり切った方々は、正社員と同様に下記のような評価をされています。

①成果にコミットするリクルートのスタンスは、業界や職種が変わっても活かせる
②自ら考え動ける人材として、新しい組織でもリーダーシップを取ってくれる
③リクルートグループは研修制度が整っており、ビジネスの基礎を覚えたスキルの高い人材が多い

私自身、転職エージェントに在籍していた経験もあるため、正社員を中途採用したい企業から、ピンポイントで、リクルートグループの契約社員(CV)職をスカウトして欲しいというオーダーも、数多く頂いていました。

ハイキャリア企業への転職で内定率を上げる方法をお探しの方はインテリゴリラへ

Check
ハイキャリアで内定率を10倍上げるための方法とは?
  • 直接応募・社員紹介・転職エージェントの応募ルートの選択で内定率は10倍以上変わる
  • 業界や企業によって内定率の高い応募ルートは異なる
  • 志望業界・職種出身の優秀な転職エージェントが存在する
  • 優秀な転職エージェントを利用した場合、オファー交渉で金額が100万以上変わる

ハイキャリアへの転職ならインテリゴリラ

ハイキャリアへの転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、ハイキャリアへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

Check
転職活動をする上で多くの人が悩んでいること
  • 自分自身の経歴でハイキャリアを目指せるのか分からない
  • 企業独自の難易度の高い面接はどのように対策すればよいのか?
  • とにかく内定を獲得する方法を知りたい!!

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にハイキャリアの選考では、対策必須ともいえるケース面接や企業独自のユニークな質問をされる頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

リクルートの契約社員(CV職)の5つ魅力

リクルートの契約社員(CV職)の5つ魅力

営業未経験でも初年度は年収約400万円

リクルートグループの契約社員(CV)の中には、前職が飲食店の店長や、第二新卒など、営業未経験者も少なくありません。
それでも、入社後、初年度から年収を400万円程度出してくれるのですから、これまでの経歴に自信が無くても、チャレンジしたいという気持ちがある人材には、嬉しいポジションかと思います。

営業目標を達成すればインセンティヴも支給されるので、成果を正当に評価してくれる評価制度も整っています。

退職金は100万円

リクルートでは、契約社員の3年の期間を満了すれば、100万円のキャリア支援金が支給されます。
独立する事を前提にリクルートの契約社員(CV)職を選ぶ人も多いので、開業準備資金の一部に充てられるのは嬉しいのではないでしょうか。

通常、契約社員に退職金を支給する企業は少ないので、3年間の頑張りを労ってくれる姿勢は、人を大事にしている風土だなと、今でも思います。

経験や学歴よりも人柄ややる気を重視

一般的には、営業職は学歴が大卒以上でなければ採用しないというケースも多いですが、リクルートでは、高卒などの学歴の人も活躍しています。

リクルートの契約社員は、門戸を広げて採用活動を行っているのが特徴で、人柄や、やる気が面接時にも大きなポイントとなります。

実際、入社後もやる気がある人には、上司や先輩も徹底的にフォローをしてくれます。

逆に受け身の姿勢だと、なかなか組織に馴染むことも難しいかもしれません。
※リクルートでは、ほとんど受け身のメンバーはいませんでしたが

勤務地限定での採用

リクルートの契約社員は、営業拠点ごとに採用を行うので、3年間は原則転勤がありません。

どうしても転居が難しい事情がある人にとっては、自分のライフプランを加味した選択が出来るので、キャリアを考える際の一つの選択肢としては魅力的です。

3年限定だからこそ叶う圧倒的成長

リクルートグループの契約社員は、3年後、次のキャリアを是が非でも選択しなければいけません。
そのため、自分のキャリアと真剣に向き合う事が必要となり、成長にコミット出来ます。

期間が決まっているからこそ、圧倒的な成長が出来るというのは魅力の一つかと思います。

リクルートの契約社員制度についてのよくある質問

リクルートの契約社員制度についてのよくある質問

Q1.福利厚生はありますか?

正社員と同様に、各種社会保険はもちろん、年間休日130日、特別休暇、有給休暇などがあります。
他社と比較しても、休暇は十分に取れる会社かと思います。

残業代や深夜残業代も付きますが、最近は、働き方改革もあり、一定の時間を超える残業は、事前に上司への残業申請が必要となっています。

また、組織の業績に応じてインセンティヴが支給され、組織表彰などをされると、貯まったインセンティヴでグループで美味しい料理を食べに行ったり、旅行でグアムやサイパン、沖縄などのリゾート地にいく事も出来ます。

私も在職中は、インセンティヴで南の島に行きました。

Q2.正社員の登用率は何割程度ですか?

全体の約20%と言われています。

しかし、元々、独立したり転職を前提に入社している人も多いので、正社員登用希望者のみに絞ると、もう少し登用率の割合は高くなるかもしれません。

正社員登用を希望する社員には、グループのマネージャーなどが登用に向けてフォローをしてくれるので安心です。

Q3.リクルートの契約社員(CV職)退職後のキャリアパスは?

リクルートグループに正社員としての転職や、大手人材エージェント、最近は、大手IT企業などへ正社員として転職する方も増えています。

卒業の1年前からキャリアアップ支援の研修もあるので、在職中から社内で手厚い転職支援を受ける事が出来ます。

ほとんどの方が、卒業後は正社員で新たなキャリアをスタートさせています。

リクルートの契約社員(CV職)採用における面接NG例

リクルートの契約社員(CV職)採用における面接NG例

リクルートの採用面接では、下記3点でNGになるケースが想定されます。

①人柄観点でのNG例
②思考力観点でのNG例
③入社同期観点でのNG例

下記、それぞれ詳しく見ていきましょう。

3つの面接NG例

①人柄観点でのNG例

契約社員は営業職での採用がほとんどの為、社内外問わず、相手に合わせたコミュニケーションが必要になります。

その為、人の意見を素直に聞けなかったり、我が強すぎるタイプ、ストレス耐性が低そうなどの人柄観点でNGになるケースがあります。

②思考力観点でのNG例

思考が浅いや、表層でしか物事をとらえていないなどの思考力でNGになるケースがあります。

入社後、お客様や社内のコミュニケーションでも、ロジカルシンキングを求められるので、その場しのぎの、内容の薄い回答は面接官に嫌われます。

③入社同期観点でのNG例

リクルートグループで働きたい動機が明確でない場合は、能力が高くてもNGになるケースがあります。

自分の意志がないと、困難に直面した際も、課題に向き合うことが出来ず、契約期間の途中で退職してしまうのではという視点でも観られています。

3つのNG理由は面接準備次第で対策可能

上記3つのNG理由は、面接の準備をしっかりすれば対策が可能となります。

その為には、まずは正しい情報を収集する事が重要になります。

ハイキャリア転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、コンサルティングファームへの転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

スクロールできます
会社名転職難易度人気度
ボストンコンサルティンググループ★★★★★★★★★
デロイトトーマツコンサルティング★★★★★★★★
アクセンチュア★★★★★★★★
日本M&Aセンター★★★★★★★
アドバンテッジパートナーズ★★★★★★★★★★
リクルート★★★★★★★
楽天★★★★★★★
Amazon Japan★★★★★★★★★

インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

Check
インテリゴリラで得られる情報
  • 内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
  • 面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例(ケース面接含む)
  • 内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。


リクルート契約社員への転職は転職エージェントへご相談を!

リクルート契約社員への転職は転職エージェントへご相談を!

リクルートグループは優秀な人材が多いのも事実で、契約社員とはいっても、他の会社より選考基準が高い場合もあります。

そのため、正確な情報を収集する必要があり、転職エージェントを利用する事により、一般公開されておらず、転職エージェントしか知らない情報を入手でき、自分だけで情報収集するよりも、転職活動が上手く進む可能性が高くなります。

また、入社実績の豊富なエージェントからの紹介の場合、○○エージェントからの紹介なら信用できるから、取り敢えず面接はしてみようかと、書類通過率が上がるというケースもあります。

まずは、入社実績のある転職エージェントに相談してみましょう。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

運営会社

会社名インテリゴリラ株式会社
公式ページURLhttps://intelli-gorilla.com/
代表取締役永渕 臣
法人番号3040001116912
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次