ハイキャリア企業の転職成功体験談を読む

SBIホールディングスに転職するには?気になる転職難易度や平均年収などについて徹底解説!

現在、SBIホールディングスでは中途採用として幅広い職種を募集しています。転職難易度の高いSBIホールディングスへの転職を成功させるため、企業情報や選考情報について確認しておく必要があります。SBIホールディングスへの転職を目指す方にとって、必見の内容です。

目次

SBIホールディングスの転職難易度は?

SBIホールディングスへの転職難易度は高いと言われています。

SBIホールディングスでは、金融サービス事業をはじめとして幅広い事業を展開しており、近年業績を拡大させるなど成長を続ける企業の一つです。

転職難易度の高いSBIホールディングスへの転職を成功させるためには、本記事や優秀なコンサルタントが転職サポートしてくれる転職エージェントを活用して、選考準備を行うべきでしょう。

本記事を通じて、SBIホールディングスの選考情報や福利厚生などの待遇面について理解を深めていきましょう。

ハイキャリア企業への転職で内定率を上げる方法をお探しの方はインテリゴリラへ

Check
ハイキャリアで内定率を10倍上げるための方法とは?
  • 直接応募・社員紹介・転職エージェントの応募ルートの選択で内定率は10倍以上変わる
  • 業界や企業によって内定率の高い応募ルートは異なる
  • 志望業界・職種出身の優秀な転職エージェントが存在する
  • 優秀な転職エージェントを利用した場合、オファー交渉で金額が100万以上変わる

ハイキャリアへの転職ならインテリゴリラ

ハイキャリアへの転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、ハイキャリアへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

Check
転職活動をする上で多くの人が悩んでいること
  • 自分自身の経歴でハイキャリアを目指せるのか分からない
  • 企業独自の難易度の高い面接はどのように対策すればよいのか?
  • とにかく内定を獲得する方法を知りたい!!

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にハイキャリアの選考では、対策必須ともいえるケース面接や企業独自のユニークな質問をされる頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

SBIホールディングスの企業情報

SBIホールディングスの企業情報
  • SBIホールディングスの企業概要
  • SBIホールディングスの特徴
  • SBIホールディングスの提供しているサービス

ここでは、SBIホールディングスの企業情報について詳しくみていきたいと思います。

SBIホールディングスの企業概要

SBIホールディングスは、金融商品のサービスを展開する「金融サービス事業」を中心に成長を続けている企業です。

1999年に創業したSBIホールディングスは、現在では関連会社も含めた従業員数が8,568名(2020年9月末現在)在籍する企業として事業を拡大させています。

本社を東京都港区に構えるSBIホールディングスは、代表取締役社長を北尾吉孝さんが務めており、2020年11月末現在の資本金は974.9億円となっています。

SBIホールディングスの特徴

CHECK
SBIホールディングスの特徴
  • 1999年に創業したSBIホールディングスは、証券や銀行などの「金融サービス事業」をはじめとして「アセットマネジメント事業」や「バイオ関連事業」に取り組むなど成長を続けている企業です。
  • 連結子会社などを含めるとSBIホールディングスの従業員数は8,568名となっており、資本金は974.9億円を記録しています。
  • 幅広い事業を行い成長を続けるSBIホールディングスは、代表取締役社長を北尾吉孝さんが務め、本社を東京都港区に構えている。
  • 転職希望者からも非常に人気のあるSBIホールディングスは転職難易度も高いと言われており、優秀なコンサルタントが転職サポートをしてくれる転職エージェントなどを活用して転職活動を行っていきましょう。

SBIホールディングスの提供しているサービス

ここでは、SBIホールディングスの展開する事業やサービスについて詳しくみていきたいと思います。

SBIホールディングスでは、「金融サービス事業」「アセットマネジメント事業」「バイオ関連事業」の主に三つの事業に力を入れて成長を続けています。

金融サービス事業

CHECK
SBIホールディングスの「金融サービス事業」
  • 証券事業
  • 銀行事業
  • 保険事業
  • マネープラザ展開
  • PTS(私設取引システム)
  • FX(外貨為替証拠金)
  • その他の金融サービス事業

以上のポイントは、SBIホールディングスの中心事業ともいえる「金融サービス事業」についてまとめたものになります。

SBIホールディングスでは、銀行や証券、保険などを中心とした金融に関わる事に関してのサービスや商品をインターネットを通じてお客様に提供しています。

アセットマネジメント事業

CHECK
SBIホールディングスの「アセットマネジメント事業」
  • ベンチャーキャピタル
  • 資産運用サービス
  • 海外事業
  • IPO速報

以上のポイントのようにSBIホールディングスでは、「アセットマネジメント事業」にも力を入れています。

アセットマネジメント事業では、環境やエネルギーなど成長産業に対しての投資を進める事業となっており、日本だけでなく新興国を中心として成長国に対しての投資をグローバルに行っています。

バイオ関連事業

CHECK
SBIホールディングスの「バイオ関連事業」
  • ALA関連事業
  • 医薬品研究・関連事業

以上のポイントのようにSBIホールディングスでは、次世代の成長事業として「バイオ関連事業」にも取り組んでいます。

バイオ関連のベンチャー企業に投資することに加え、医薬品の研究や健康食品の開発などグローバルに事業を拡大させることを長期的に見込んでいます。

SBIホールディングスの待遇や労働環境は?

SBIホールディングスの待遇や労働環境は?
  • SBIホールディングスの待遇
    ー平均年収について
    ー福利厚生について
  • SBIホールディングスの労働環境は?
    ー残業時間について
    ーワークライフバランスについて

ここでは、SBIホールディングスの待遇や労働環境について詳しくみていきたいと思います。

SBIホールディングスの待遇

SBIホールディングスの待遇である「平均年収」「福利厚生」についてみていきましょう。

SBIホールディングスの平均年収

SBIホールディングスの平均年収についてみていきたいと思います。

2020年3月に発表された有価証券報告書に基づくと、SBIホールディングスの平均年収は840万円となっています。

SBIホールディングスでは近年業績を拡大し続けてきており、企業としての成長が実際に働く従業員の年収にも反映されているということが出来るでしょう。

SBIホールディングスでは、職種や経験などによって平均年収が異なってくるともいわれています。
転職希望者の中で、SBIホールディングスの年収などについてさらに詳しい情報を知りたい方は、転職エージェントなどを活用して確認しておきましょう。

SBIホールディングスの福利厚生

ここでは、SBIホールディングスの福利厚生についてみていきたいと思います。

以下の表は、SBIホールディングスの福利厚生についてまとめたものになります。

CHECK
SBIホールディングスの福利厚生
  • 各種社会保険制度
  • 健康サポート制度
  • 年次有給制度
  • 産業産後休暇制度
  • 育児休業制度
  • 介護休業制度
  • 確定拠出年金制度
  • 財形貯蓄制度

以上の表が、SBIホールディングスの代表的な福利厚生となっています。

以上のポイントを参照すると、SBIホールディングスの福利厚生は充実しているということが出来ます。

特に、休暇制度や健康サポートなど基本的な福利厚生は制度として整えられているということが出来るでしょう。

転職難易度の高いSBIホールディングスの福利厚生についてさらに詳しい情報を知りたい方は、SBIホールディングスの公式HPや転職エージェントなどを活用して確認しておきましょう

SBIホールディングスの労働環境

ここでは、SBIホールディングスの労働環境である「残業時間」「ワークライフバランス」について詳しくみていきたいと思います。

SBIホールディングスの残業時間

SBIホールディングスの残業時間について、SBIホールディングスとして公式に発表されてている情報はありませんでした。

実際の社員の口コミなどを参考にすると、SBIホールディングスの残業時間は25~35時間程度であるということが出来ます。

職種や時期によって残業時間が異なってくると言われているので、SBIホールディングスの残業時間について詳しい情報を知りたい方は、優秀なコンサルタントのいる転職エージェントを活用して確認しておきましょう。

SBIホールディングスのワークライフバランス

SBIホールディングスのワークライフバランスは、比較的取りやすい企業ということが出来ます。

転職難易度の高いSBIホールディングスでは、残業時間が比較的少なく、福利厚生など基本的な制度も整備されているためワークライフバランスをとることもそこまで難しくはないと判断することが出来ます。

SBIホールディングスの社員の実際の働き方などに関して確認したい方は、優秀なコンサルタントのいる転職エージェントを活用して確認しておきましょう。

SBIホールディングスの評判・口コミは?

SBIホールディングスの評判・口コミは?
  • 待遇について
  • 仕事のやりがい・成長について
  • 社員の雰囲気について

転職難易度の高いSBIホールディングスの評判について、実際の社員の声を参考にしながらみていきたいと思います。

待遇について

基本的にはSBIホールディングスでは年俸制が採用されており、基本給に加えて残業代が支給されています。中途採用では、面接などでの評価が良いと比較的高い水準の給料をもらえることがある。金融業界の中では給与水準が低いと言われています。

仕事のやりがい・成長について

裁量権が大きく、責任者など比較的立場の上の人ともフラットに話せる環境であり、やりがいを感じることも多いです。また、仕事を若いうちから任せる社風でもあるため、主体的に行動できる人にとっては成長できる環境だと思います。優秀な人も多く、周囲から刺激を受けながら自己研鑽することができる企業です。

社員の雰囲気について

主体的に行動できる人が多く、若いうちから成果を出した社員は20代にも関わらず責任者のポジションに任されるなど機会を与えてくれる社風です。また、金融など膨大な知識を必要とする領域を扱っている事もあり、自学に励む真面目な社員も多い事も特徴の一つです。

SBIホールディングスの選考情報

SBIホールディングスの選考情報
  • SBIホールディングスの選考フローと面接内容
  • 採用大学や採用人数について
  • SBIホールディングスの求める人物像

ここでは、SBIホールディングスの選考について詳しくみていきたいと思います。

SBIホールディングスの選考フローと面接内容

SBIホールディングスの中途採用における選考フローは以下の通りとなっています。

書類選考⇒面接選考(2.3回程度)⇒内定・入社

SBIホールディングスの一般的な選考の流れは以上の通りです。
職種や時期によって選考の流れは多少異なりますが、一般的には他の企業と選考の流れは変わりません。

また、エントリーから内定までの期間は1か月半から2か月程度と言われています。

採用大学や採用人数について

SBIホールディングスの中途採用において、採用大学や採用人数について具体的な数値や基準は発表されていません。

学歴よりも、転職希望者の能力やSBIホールディングスの理念などへの共感を選考においては重要視されるているとSBIホールディングスへの転職を成功させた方の述べています。

転職難易度も高いと言われているSBIホールディングスの転職を成功させるためには、優秀なコンサルタントのいる転職エージェントを活用をうまく活用していきましょう。

SBIホールディングスの求める人物像

SBIホールディングスが転職者に求める要素として「SBIホールディングスの理念などに共感しているかどうか」「応募職種への適性があるかどうか」の2点をあげることが出来ます。

まず、SBIホールディングスへの理念など会社の方向性に共感しているかどうかを確認されます。

SBIホールディングスでは、企業全体の価値観として「顧客中心主義」を掲げ、時代やユーザーに合わせた幅広いサービスや事業を展開しています。

転職希望者が入社後に顧客中心主義など企業の方向性を意識しながら、仕事に取り組む事ができるかどうかを選考中に確認されると言われています。

また、転職希望者が応募職種に適性があるかどうかも確認される点です。

応募した職種によりますが、金融など事業領域に関しての経験や知識が必要とされる場合が多いです。
前職での経験やご自身の知識をアピールすることが選考突破の可能性を大きく高めるということが出来るでしょう。

SBIホールディングスの採用情報

ここでは、SBIホールディングスの募集職種について紹介していきます。

SBIホールディングスの募集職種

以下の表は、2021年1月現在のSBIホールディングスの募集職種について紹介したものになります。

CHECK
SBIホールディングスの募集職種(2021年1月現在)
  • 事業開発部門
    ーデータサイエンティスト
    ーデータアキテクト
    ークラウドファンディング案件組成
    ーデジタルマーケティング
  • 法人部門
    ーベンチャーキャピタリスト
    ー企画営業・コンサルティング
    ー営業サポート
    ー保証サービス法人営業
    ーフィールド営業職
  • マーケット部門
    ーアナリスト
    ー外国為替取引(FX)ディーりラー
    ーWebマーケティング担当
  • リテール部門
    ーFA(ファイナンシャルアドバイザー)
  • システム部門
    ー社内SE/インフラ管理
    ーシステム開発運用
    ーWeb・アプリ開発運用保守
    ーシステム開発・運用・保守
    ー開発エンジニア/インフラエンジニア
  • コーポレート部門
    ーファンド管理
    ー採用研修
    ー商品数理
    ー保証サービス審査
    ー保証サービス事務
    ー保証サービス債権管理
  • 管理部門
    ー給与計算
    ー資産調達プロジェクト審査
    ー経営企画マネージャー
    ー金融商品取引業者コンプライアンス
    ー財務・投資企画
    ー経理職

ハイキャリア企業への転職で内定率を上げる方法をお探しの方はインテリゴリラへ

Check
ハイキャリアで内定率を10倍上げるための方法とは?
  • 直接応募・社員紹介・転職エージェントの応募ルートの選択で内定率は10倍以上変わる
  • 業界や企業によって内定率の高い応募ルートは異なる
  • 志望業界・職種出身の優秀な転職エージェントが存在する
  • 優秀な転職エージェントを利用した場合、オファー交渉で金額が100万以上変わる

ハイキャリアへの転職ならインテリゴリラ

ハイキャリアへの転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、ハイキャリアへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

Check
転職活動をする上で多くの人が悩んでいること
  • 自分自身の経歴でハイキャリアを目指せるのか分からない
  • 企業独自の難易度の高い面接はどのように対策すればよいのか?
  • とにかく内定を獲得する方法を知りたい!!

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にハイキャリアの選考では、対策必須ともいえるケース面接や企業独自のユニークな質問をされる頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

SBIホールディングスへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

SBIホールディングスへの転職を目指す方に向けて、SBIホールディングスの企業情報や福利厚生などの待遇について詳しく解説してきました。

転職難易度の高いSBIホールディングスへの転職を目指す方は、優秀なコンサルタントのいる転職エージェントを活用することをおすすめしています。

転職エージェントでは、SBIホールディングスなど企業ごとの選考対策や面接練習などを無料でコンサルタントがサポートしてくれます。

また、優秀なコンサルタントのいる転職エージェントでは、SBIホールディングスの非公開の求人情報や待遇面に関しての交渉を企業側に行ってくれるなど他の転職希望者に大きな差をつけることが出来るサービスを行っています。

また、SBIホールディングスのような転職難易度の高い企業への転職を目指している方に向けては、転職情報サイトであるインテリゴリラに登録することをおすすめしています。

転職情報サイトのインテリゴリラでは、実際にSBIホールディングスへの転職を成功させた方の選考体験記や、SBIホールディングスへの転職を目指す方に向けたアドバイスなど非公開の情報を登録者に提供しています。

優秀なコンサルタントのいる転職エージェントや、転職サイトのインテリゴリラをうまく活用して転職活動を成功させましょう。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

運営会社

会社名インテリゴリラ株式会社
公式ページURLhttps://intelli-gorilla.com/
代表取締役永渕 臣
法人番号3040001116912
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次