Skip to content
1_デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー_ロゴ

デロイトトーマツコンサルティング/コンサルタント/Vol.10

本記事で得られる情報

投稿者情報

選考結果(2019年)
内定獲得
応募時年収

600万円

オファー年収

700万円

前職社名

リサーチ会社

最終学歴

国公立大

投稿者の強み
年齢30代
性別男性
卒業大学・学部国公立大学院・文系
社歴転職回数:1回
自動車販売➢マーケティングリサーチ会社
職務要約自動車社会である海外で8年程住んでいた経験から、自動車に携わる仕事がしたいと思い、国公立大学に進学し、カーデザインを学んだ。
自動車業界で就職を希望していたが、希望の職種に就けず、大学4年から就職活動の方針を変更して、中古自動車用品の販売会社に就職。

【1社目】中古自動車用品販売(約3年間)
・店舗開発…店舗での接客や店舗スタッフの管理、売上分析
・海外展開のサポート…海外在住経験から語学力(英語・スペイン語)を活かして、海外展開準備をサポート。
➢海外展開は頓挫。

BtoCのため、土日や年末年始等の休暇はなく、体力的にも精神的にもこのまま続けていくのは難しいと感じ、BtoBの仕事をしたいと思い転職活動を開始した。
転職活動には苦労し、1年程続けた。転職活動がうまくいっていない中で、登録していた大手転職エージェントから模擬面接に呼ばれた。
そこで、自分の面接準備や自己分析が不十分であること等、至らない点を指摘され、ゲキを入れられた。
学生気分が抜け切れていないまま社会人として過ごしてきた状態から、意識を入れ替え、転職活動に注力した。


【2社目】自動車系・ゲーム系のインターネットメディア運営会社
自動車のWebサービスの開発に従事し、実際に自動車メーカーの方とお会いしながら自動車業界のリサーチ業務やサービスの提案を行っていた。
また、新規事業の開発も行っていた。
ベンチャー企業という気持ちで裁量・責任感を持って働いていた。給与は売上実績に基づいて反映される仕組み。
志望動機及び転職軸【転職理由】
ベンチャーなので、自己流で仕事を進めることが多かった。社内の福利厚生の一部でデロイトトーマツグループの研修に参加。
社内で表彰も受けていて、事業開発や新規開拓にも従事していたが、自己流で行っていたため、社会人基礎能力テストを受けたところ自分のベーススキルが低いということが判明した。
経営や経済について体系的に勉強をしないといけないと思い、仕事を続けながら国公立大学のMBAコースで経営学や経済学、戦略論、サステナビリティ等について学んだ。
卒業後、業界特化型エージェントサービスのエージェントから声を掛けて貰い、デロイトトーマツのポジションの紹介を受けた。
MBAコース在学中にコンサルティングについても興味を持っていたこともあり、エージェントの話を聞いたところ、業務内容にも関心があり面接を受けることを決めた。
併願先BIG4(KPMGコンサルティング/PwCコンサルティング/EYアドバイザリー&コンサルティング)
利用したサービス業界特化型エージェント

選考試験について

会員専用コンテンツ

ログインすると閲覧が可能です。ログインする

インテリゴリラバナーインサイドmin

書類選考

会員専用コンテンツ

ログインすると閲覧が可能です。ログインする

インテリゴリラバナーインサイドmin

1次面接

会員専用コンテンツ

ログインすると閲覧が可能です。ログインする

インテリゴリラバナーインサイドmin

2次面接

会員専用コンテンツ

ログインすると閲覧が可能です。ログインする

インテリゴリラバナーインサイドmin

最終面接

会員専用コンテンツ

ログインすると閲覧が可能です。ログインする

インテリゴリラバナーインサイドmin

選考を終えて

会員専用コンテンツ

ログインすると閲覧が可能です。ログインする

インテリゴリラバナーインサイドmin

応募先当該部署の採用情報及び採用実績

求められる経験/資格◇必須経験:
【下記いずれかの経験】
・リサーチ業務の経験
・コンサルタントとしての経験
・新規事業開発等の企画の経験
中途採用実績◇年齢:
25~35歳
◇採用大学:
旧帝大、早慶上智、MARCH、国公立大等
◇社歴:
コンサルティングファーム、事業会社企画職、コンサルティングファーム等
◇性別:
不問
◇転職回数:
不問
給与◇想定年収:
600~1,200万円
◇モデル年収:
マネージャー(32歳):1,000万円
転職先コンサルティングファーム、事業会社企画職
その他 

業界別全掲載企業一覧

会社名(年収順)
error: Content is protected !!